膝の痛み

膝の痛みの原因と解消法

point

膝の痛みの原因や症状、解消法、手術など膝の痛みにについて、わかりやすく解説しています。健康管理にお役立てください。

国内で、膝の痛みで悩んでいるひとは1000万人といわれています。その中で多いのが変形性膝関節症。変形性膝関節症は、関節軟骨がすり減ることで炎症がおきることで発症します。膝の痛みを解消するには、炎症を抑える薬を利用する方法だけではなく、運動によって膝のまわりの筋肉をきたえることや柔軟性を高めることも大切になってきます。それでも解消しない場合は、膝の手術が選択肢として検討されます。

膝の痛みは、男性より女性の中高年に圧倒的に多く、男性の約2倍といわれています。中高年女性に多い理由としては、O脚傾向の人が多い、筋力が弱い、肥満、立ち仕事が多いなどが考えられます。

また、変形性膝関節症は一次性と、二次性に大きく分けることができます。一次性変形性膝関節症は、はっきり原因がわからないものをいいます。さまざまな要因が膝の負担となり、膝の関節軟骨がすり減って発症します。主な要因には加齢や筋力、体重、膝に負担のかかる動作、習慣などがあります。一方、二次性変形性膝関節症は、けがや病気など原因となるものがはっきりとしているものをいいます。例えば膝周辺の骨折、損傷、脱臼、ねんざ、慢性関節リウマチなどです。このサイトでは膝の痛み、一次性変形性膝関節症を中心にその解消法や治療法や原因、症状などを紹介していきます。

膝の痛みの原因

このページでは膝の痛みの原因について紹介しています。膝の痛みの原因のひとつに老化があります。中高年の膝の痛みのほとんどは、変形性膝関節症によるものといわれています。
膝の痛みの原因 続きを見る

膝の痛みを和らげる運動

このページでは、膝の痛みを解消するための運動について紹介しています。膝の痛みを解消するための運動のポイントは、膝を支える筋肉をきたえることと、関節をしなやかにすることです。
膝の痛みを和らげる運動 続きを見る

膝の手術の種類

このページでは主な膝の手術方法、種類を紹介していきます。膝の痛みがひどい場合、手術が検討されます。膝の手術には、けい骨の一部を取り除く手術、人工関節に置き換える手術、関節鏡を使った手術などがあります。
膝の手術の種類 続きを見る

膝の痛みの治療

このページでは膝の痛みの治療について紹介していきます。膝の痛みを治療するには、炎症を抑える薬を利用する方法だけではなく、運動によって膝のまわりの筋肉をきたえることや柔軟性を高めることも大切になってきます。
膝の痛みの治療 続きを見る

膝の痛みの症状

このページでは膝に痛み(変形性膝関節症)の症状を、初期症状、進行した場合の症状にわけて紹介しています。慢性的に膝が痛む原因の多くは、関節軟骨などがすり減ったために炎症がおこる変形性膝関節症です。
膝の痛みの症状 続きを見る

変形性膝関節症の症状と治療

このページでは変形性膝関節症の症状や治療法について紹介しています。変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減ることで炎症がおこり、しだいに骨が凸凹になって膝の痛みといった症状が生じる病気です。
変形性膝関節症の症状と治療 続きを見る

膝の痛みを和らげるヒアルロン酸

このページではヒアルロン酸の膝の痛みにおける効果や関節注射などを紹介します。ヒアルロン酸には、関節の動きを改善する作用があります。関節の動きが改善されると、炎症が治まり、痛みが抑えられます。また、ヒアルロン酸自体にも、炎症や痛みをおさえるはたらきがあります。
膝の痛みを和らげるヒアルロン酸 続きを見る

1日たった7分 簡単な運動で膝の痛みを改善する方法

全国2000人以上の膝の痛みに悩む中高年の方や
スポーツでケガをされた方を救った、膝の痛み改善方法とは

メディカルケア院長 宮田トオル

いったん膝痛になってしまうと、完治するのはなかなか難しい。膝痛は5年、10年と長い期間、痛みと付き合っていかなければならないといわれています。

そんな膝の痛みを解消するために、あなたは長い期間、ヒアルロン酸注射や薬と付き合って行きますか?

あなたがもし、

  • 家庭でできる治療方法を知りたい
  • 毎週毎週、痛いヒアルロン酸注射を打ちたくない
  • 薬は飲まずに治療したい

と思っているのであれば、

膝の痛みを解消する方法をお教えしますので、
5分だけこのページを読み進めてください。

膝痛のポイント

  • 変形性膝関節症は、膝の関節に炎症がおきたり、関節が変形し痛みが生じる病気をいう。
  • 膝痛の原因は老化、女性、筋肉の衰え、肥満、O脚や偏平足、足に合わない靴、スポーツによる膝への負担など。また、膝周辺の骨折、損傷、ねんざ、慢性関節リウマチなど、けがや病気などの原因がある。
  • 膝痛は中高年の女性に多く、50歳以降になるにつれ増える。
  • 初期症状は朝、膝がこわばるなど違和感を覚える。
  • 痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる。
  • 多少痛みがあっても年のせいとあきらめ病院を受診する人が少ないのが現状。
  • 初期症状を放置しておくと、徐々に進行し症状が悪化する。
  • 症状が進行すると、痛みがはっきりと自覚できるようになる。
  • 膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない、正座やしゃがみこむなどの動作がつらい。
  • 階段の上り下りがつらく、特に下りがつらい。
  • 炎症がおこると、膝のまわりが腫れ、熱をともなったり、むくんだりする。
  • 膝に水がたまると膝が張り重くだるい感じがある。
  • 骨の変形が進むと外見的にも関節の変形がわかる。
  • 痛みで日常生活に支障がおこる。
  • 膝痛の治療方は、薬物療法、温熱・冷却療法、運動療法が基本となり症状にあわせおこなわれる。痛みが緩和されない場合には手術が検討される。

このページの先頭へ戻る

このぺージのテーマ:膝の痛みの概要